経営革新等支援機関認定
小柳津会計事務所

0120-951-955

平日9:00~21:00 / 土日祝9:00~18:00

小柳津会計事務所へのメールでのお問い合わせは24時間受付中

被災したとき・被災地を支援したときの税制上の支援②-1

2018年10月19日 カテゴリ: 税金

法人が被災したとき   (1)被災した商品、建物等の損害額は損金になる  商品、店舗、事務所、工場等の資産(たな卸資産、固定資産)の損害額は損金になります。被害を受けた店舗・事務所など、建物の取り壊しや撤去のた […]

被災したとき・被災地を支援したときの税制上の支援①

2018年10月18日 カテゴリ: 税金

 近年、日本では、地震、風水害などの思わぬ自然災害が増えています。会社や個人が被災した場合の復旧費用や、取引先の復旧支援や被災地への援助にかかった費用については、税制上の特例によって損金算入などが認められます。

期中に役員給与を減額せざるを得ないときの注意点④

2018年10月17日 カテゴリ: 税金

税務リスクへの対応    職位の変更、経営者の傷病等による職務執行不能、経営状況が著しく悪化した場合に、役員給与の額をそのままにしておくことは、「減額しないことによる税務リスク」が生じることもあります。 &nb […]

期中に役員給与を減額せざるを得ないときの注意点③

2018年10月16日 カテゴリ: 税金

「やむを得ない事情」がある場合    定時株主総会等で役員給与を決定する際には、予測できなかった事由が発生したことによって、役員給与を減額改定せざるを得ない場合があります。以下のような「やむを得ない事情」がある […]

期中に役員給与を減額せざるを得ないときの注意点②

2018年10月15日 カテゴリ: 税金

減額した場合の税務上の取り扱い    税務上の役員給与には、①定期的(一月以下の一定期間ごと)に支給する「定期同額給与」と、②夏・年末や決算月の賞与などの臨時的な給与で、あらかじめ税務署に支給時期と支給額を届け […]

小柳津会計事務所WEBサイトページトップに戻る