経営革新等支援機関認定
小柳津会計事務所

0120-951-955

平日9:00~21:00 / 土日祝9:00~18:00

小柳津会計事務所へのメールでのお問い合わせは24時間受付中

企業は積極的な情報開示で信頼関係を高めよう

2019年10月29日 カテゴリ: 会計

 経営者にすれば、きちんと経営し、滞りなく借入金を返済しているのに、それでも決算書が必要なのかと疑問に思うかもしれません。  金融機関にとっては、自行の資産保全だけでなく、常に融資先の最新の財務データを把握できれば、追加 […]

融資姿勢は実態重視へ しかし、決算書の重要性は変わらない

2019年10月28日 カテゴリ: 会計

 金融行政の方針転換により、金融機関の融資姿勢は、これまでの企業格付けに代表される財務情報や過去計数などの形式重視から、今後は、企業の事業内容や将来見通し(経営計画)などの実態を重視した事業性評価に基づく融資姿勢へと変わ […]

融資した資金がきちんと返済されるかを確認している

2019年10月25日 カテゴリ: 会計

 企業経営において事業資金の調達先の一つが金融機関からの借入金であり、金融機関においては主要な資産は貸出金(企業向け融資など)になります。つまり、企業と金融機関は融資によってつながっています。  顧客から預かった資金を運 […]

金融機関はどうして決算書の提出を求めるのか

2019年10月24日 カテゴリ: 会計

 「当社は滞りなく借入金を返済しているのに、なぜ毎年、銀行に決算書を提出しなければならないのか」という疑問を抱く経営者も多いのではないでしょうか。その理由を理解すれば、銀行が決算書のどのような数値を注視しているかも見えて […]

小柳津会計事務所WEBサイトページトップに戻る