経営革新等支援機関認定
小柳津会計事務所

0120-951-955

平日9:00~21:00 / 土日祝9:00~18:00

小柳津会計事務所へのメールでのお問い合わせは24時間受付中

貸借対照表は経営者の顔

2020年1月7日 カテゴリ: 会計

 損益計算書が一定期間(1ヶ月間や1事業年度)のすべての収益と費用の対比から利益を表示して、経営成績を表すのに対して、貸借対照表は、創業から現在までの積み重ねが数値で表されており、そこから会社の本質、経営者の価値観や考え […]

貸借対照表科目の増減要因は何か -6

2020年1月6日 カテゴリ: 会計

(6)現金預金の増減  過去からの利益の蓄積や損失の累積は、最終的には現金預金の増減に集約されます。経営の本質は投下資本の回収にありますから、利益が現金で回収されていることを確認しなければなりません。   &n […]

貸借対照表科目の増減要因は何か -5

2019年12月31日 カテゴリ: 会計

(5)借入金の増減要因  借入金残高が増えている場合、短期借入金(流動負債)の増加は、売掛金や在庫の増加による運転資金の借入れなのか、長期借入金の増加は設備投資によるものなのか、を正しく把握したうえで、返済の見通しを説明 […]

貸借対照表科目の増減要因は何か -4

2019年12月30日 カテゴリ: 会計

(4)買掛金の増減要因  売上が伸びると、仕入も増加し、買掛金の残高も増加します。買入債務回転期間が短期化している場合は、支払サイトの短期化や現金仕入の増加が要因として考えられます。資金繰りが苦しくなることが予想されます […]

貸借対照表科目の増減要因は何か -3

2019年12月27日 カテゴリ: 会計

(3)固定資産の増減要因  固定資産は、機械の購入など設備投資を行うことで増加します。売上拡大や生産性向上を見込んでの積極的な設備投資であればよいのですが、あまり収益に貢献しないような資産であれば問題です。その固定資産が […]

小柳津会計事務所WEBサイトページトップに戻る